お問い合わせ
  • TOP
  • > 聲明?見解
  • > 東京都條例改正案の反対聲明

東京都條例改正案の反対聲明

平成22年11月26日
出版倫理協議會
議長 鈴木富夫

私たちは、再提出される「東京都青少年健全育成條例改正案」に反対します!

 私たち、出版4団體【(社)日本雑誌協會、(社)日本書籍出版協會、(社)日本出版取次協會、日本書店商業組合連合會】で構成する出版倫理協議會は、本年3月、條例改正案に対する緊急反対聲明を発表しました。6月の都議會でこの改正案は反対多數で否決され、マンガ?アニメーションへの不當な表現規制を阻止することができたと認識しています。ところが都當局は都民への情報公開も十分な議論もないまま、來る11月30日に開會予定の次期都議會に、再度改正案を提出しようとしています。

 新たに提出される改正案では、最大の問題であるマンガ?アニメーションへの「規制強化」という點ではまったく変わっていないだけではなく、さらに曖昧で危険な條項が加えられています。

 一例をあげれば「著しく不當に賛美?誇張」「著しく社會規範に反する」等の記述は、きわめて抽象的で、行政當局の恣意的解釈?運用によって、規制の範囲をいかようにも拡大することができます。また、前改正案にあった「18歳未満として表現されていると認識されるもの」という描寫人物の年齢が削除されていますが、これは逆に規制の範囲を広げることになる、と強い懸念をもちます。

 漫畫家をはじめとする多くの表現者が、これらの規制によって、性に関する表現に際して逡巡?躊躇を余儀なくされる事態が容易に予期され、その「萎縮効果」は計り知れないものがあります。

 さらに、攜帯電話端末の規制に関しても、機能等をチェックした上で「攜帯電話端末等で、青少年の健全な育成に配慮していると認めるものを、青少年の年齢に応じて推奨することができる」としており、これは家庭教育への行政の介入を招きかねません。

 青少年の健全育成はきわめて重要な課題であり、私たちの責任が重いことも十分認識しています。しかし、その責任は私たち出版人が自主的に負うべきであり、現に第三者機関であるゾーニング委員會を設け、月2000萬冊に及ぶ雑誌に小口シール止めを施すなど、青少年を守るためのさまざまな自主規制を実施しているところです。再度提出された改正案は、私たちのこうした自主規制の努力を踏みにじるもので、到底認めるわけにはいきません。

 なお、青少年の健全育成というならば、性暴力等で現実に人権を侵害されている児童の救済こそ行政の急務であり、これらに関して何ら有効な方策を出さぬまま、コミック規制ばかりを進める都當局の偏った姿勢には、極めて大きな問題があることも、付言しておきます。

以上

  • この國の未來のために、出版物に軽減稅率を。
  • マンガでわかる!雑誌広告オンライン送稿
  • 第1回 雑誌広告効果測定調査 M-VALEUE
  • 雑誌制作上の留意事項2017年改訂版
人人影视-51人人看电影网,最新优酷土豆伦理电影电视剧在线观看